blogurtz
Firefox、iPod、PCなんでも。いじった記録。旧「urtzの憂鬱な日記」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
x264とXvidの比較
マルチスレッド対応と知ってむらむらとx264が使いたくなったので普段使っているXvidと簡単に比較してみることにした。主にキャプチャしたMPEG2をそれなりの画質(xvidで800kbpsくらい)でエンコード利用することを想定する。
環境はAthlon x2 3800、mem 1G。サンプルはNHKのスペシャル。フロントエンドはTEMPEGencのフリーを使用。

実験としてサンプル動画を30秒それぞれの設定でエンコードしてみた。

エンコード速度面から比較


  • x264 (single pass 800) 

    • 59秒



  • x264 (single pass 600)

    • 54秒



  • Xvid(single pass 800)

    • 33秒




圧倒的にXvidが速い。ほぼリアルタイムも可能な数値だ。今回の結果ではX264はXvidとくらべ画質面では細部のディティールの再現性が高い。bpsを600としてもなおx264の画質における優位性は変わらなかった。これを踏まえ、Xvidの画質に近づけるため、x264のbpsをさらにさげて計測してみた。


  • x264 (single pass 400)

    • 43秒



  • x264 (single pass 200)

    • 38秒




細部ディティール、ブロック化の度合いなどから考えて、x264は400kbpsでもさほどXvid800kbpsと変わらぬ画質である。と思う。自分はそう思う。さすがにx264の200となると見れるものではなかった。

まとめると、画質ではx264の400kbpsとxvidの800kbpsではさほど違いは感じられないが、圧倒的にxvidのエンコードスピードが速いのでx264は今回の想定では優位性がないといえる。逆に、この番組は時間かけてもイイから細部ディティールにいたるまで高画質にエンコしたい!という時、x264の1000kあたりでエンコしたらいいと思う。

画質面での比較
デコーダはFFdshow-Tryouts-20061103-rev490-sse2.exeを使用。常用での再生の見やすさを考えポストプロセッシングによるでブロッキングを有効にした。
(アップロードした画像は大体同じところで抜き出し、BlastPNGを使用し、減色、最適化したもの。元画像と圧縮後の画像の違いは見つけられなかった。)


Xvid 800kbps
xvid 800kbps


x264 800kbps
x264 800kbps


x264 400kbps
x264 400kbps


x264 200kbps
x264 200kbps


デブロッキングのせいか、xvidは全体的にぼやけている。x264でもブロック化は発生しているがデブロッキングしても細部はあまり崩れない。中央右の人の顔はxvidの800kbpsでは完全につぶれているがx264の200kbpsではxvidに比べ、まだディティールが確保されている。

スポンサーサイト

テーマ:動画 - ジャンル:コンピュータ - = FC2 Blog Ranking = -

TVキャプチャで録画したmpgファイルからのエンコード
大抵の場合はTVキャプチャでキャプったMPEG2はエンコードしなおす。
いろいろ方法を試したけど今のとこTMPEG+XviDに落ち着いている。
今まで試したのをつらつら書くと、

次世代コーデックであるH.264のフリーエンコーダx264でのエンコード。フロントエンドはVirtualDubMod。しかしエンコードに時間がかかるのと2次エンコはH.264に向いていないと思ったのでぼつ。マルチスレッド対応してないし。(追記:対応してた。)AviSynthとかで試行錯誤したけどVirtualDubModだと音がずれる。もどすのはかなりめんどくさい。

AVIVOで兆速エンコード。Geforceでも動くし(てか使ってない?)、自分の環境(X2 3800、MEM1G、Gefoce7600)で30分番組をDivXだと実時間の半分!でエンコできたので。だけどbps高い割には少し汚いし、bpsが3段階でしか調整できない。しかも800kでやりたいのに最低が1800とか・・。

いまはTMPEGencのフリーverでXviD800k+Lame160k+デインタレイ(二重化)でエンコ。30分番組で200MB台になる。キレイにエンコしたいときはXviDのbpsを1200~2000にする。TMPEGencなのはマルチスレッドに対応してるし、デインタレがキレイ?にできるから。あとバッチ処理できて自動shutdownできるのもいい。ソフト自体の機能は単純だが切り貼りして編集しない人はこれで十分。XviDなのはマルチスレッド対応だしバランスを考えるとこれで十分。LAMEだけか知らないが、元の音声が48kHzで44kHzでエンコすると明らかに音が割れるので注意。

テーマ:動画 - ジャンル:コンピュータ - = FC2 Blog Ranking = -

YouTubeの動画(flv)をmp3にする。
  いろいろ方法があるようだがこれが一番簡単かな。(10/06加筆修正)



  • MediaCoderをインストール。preじゃないほうがいいみたい。

  • 日本語化したいなら日本語化工房-KUPで日本語化パッチをダウンロード。MediaCoderの直下にlang.xmlを、langフォルダにjapanese.xml。起動してoptions→User Interface LanguageをJapaneseに。以下は英語のまま。

  • Mediacoderを起動し、ダウンロードしたflvファイルをウィンドウにD&D。複数でもOK。

  • ウィンドウ左下のAudioタブで設定。encoderはmp3ならLAME。

  • LAMEを選択したなら、ウィンドウ右下LAMEタブが前にでる。


    • Rate ModeがCBRであることを確認する。

    • Bitrate / Qualityを64にする。32だと音質が厳しい。


  • メニューの「Transcode→Transcode Audio Only」でエンコードが始まる。

  • flvファイルと同じディレクトリに音声ファイルが作成されている。


mp3を編集するならmp3DirectCut
再エンコなしで編集できる。

テーマ:YouTube - ジャンル:コンピュータ - = FC2 Blog Ranking = -

copyright © 2005 blogurtz all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。