blogurtz
Firefox、iPod、PCなんでも。いじった記録。旧「urtzの憂鬱な日記」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラウザ遍歴
初めてパソコンを触ったのがいつだったか。。
10年程前になるか。インターネットも接続されてないパソコンでゲームしたりして遊んでた記憶がある。
1年か2年程してダイヤルアップだかISDNが導入されネットサーフィン(死語?)を覚える。
はじめてブラウザに触る。当然IEなわけで。
長いこと(5年くらい?)IE=インターネットの等式が成り立つパソコンライフを経る。
ある時、当時新生だったLunascapeの存在を知りタブブラウザに目覚める。同時にIEの使いにくさを知る。
Lunascape時代が1年ほど続き、Lunascapeの個性的な仕様(タブをデスクトップにドラッグでショートカットが作成できない、など)に嫌気がさし、sleipnirに乗り換える。が、それも数カ月ほどしか続かなかった。
このころgeckoエンジンとIEのレンダリングエンジンの描画性能や、セキュリティが気になりだし、IEのレンダリングエンジンと決別する方法を模索しだす。Firefoxと出会い、拡張機能の虜となる。
MOOXの1.0.7だかを入れてた記憶があるので、公式Firefox導入はそれ以前だろう。

何か微妙に時間の辻褄が合わないような気もするが大体こんな感じか。
こだわる人、改造マニアはやっぱ(?)Firefoxに行き着くのかな。。
Firefoxも最近になって世の中に認知されてきたが、しばらくはIE優勢の時代が続くのだろうか。
ある程度、数割ほどのシェアがないと、たとえ革新的な新機能を搭載しても優位とはならないだろう。
数年先のFirefoxのカウンター攻撃が楽しみ。
スポンサーサイト
copyright © 2005 blogurtz all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。