blogurtz
Firefox、iPod、PCなんでも。いじった記録。旧「urtzの憂鬱な日記」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
徒然なる日記
ナニワ金融道を読み直してたらすんごく憂鬱になった。
考えてみると作中に幸せそうな人が一人もいない。
作品自体はためになるんだが注意して読まねば・・。
それとThe High Lowsは2,3回聞いただけじゃわからない。
スポンサーサイト
重い拡張
自分の拡張は前の記事を参照。
Firefoxは拡張を数十個インストールするだけで起動が遅くなる。Firefox2.0で改善されたみたいだがやはり根本的に遅くなる。メモリの使用量も拡張によるが増していく。

FlagFox II はインストールしないときと比べ50MBほどメモリを消費する。便利なので自分はインストールしている。
Greasemonkey は拡張の性格上ページのレンダリングが重くなる。文字数がおおければ文字数に比例して処理が重くなる。でも便利。
Tab Mix Plus は明らかにFirefoxの動作が愚鈍になる。Tabbrowser Extensions よりは機能が削られ、その分Firefoxの動作が軽いがやはり重い。ある程度便利(ブックマーククリック時の挙動など)なので外せない。セッションマネージャもFirefox本体に搭載されたし、自分の中ではプライオリティが下がってる。
Fasterfox 2.0.0は効果が実感できないが一応インストールしている。
翻訳パネルbackword の翻訳関連は外せない。普段はbackwordで、それで出てこない単語や英文は翻訳パネルで。
ScrapBook はデータ保存先を自分で指定すべき。ほかのFirefoxと共有できる。
TargetAlert はどうも最近重そうだと思い始めたので無効に。
Drag de Go 0.2.5.1は作者がサイトから失踪状態。Firefox2.0のバグが直ることを願う。
Adblock Plus はFirefoxのプロに言わせれば必要ないとのうわさがある。が、簡単お手軽なので重宝している。
Show Image がなぜFirefox本体に搭載されないのかわからない。IEには同様のあるし。自分ではスキマ産業的拡張の位置づけ。

なんか書いてるうちに途中から拡張の感想文的なモノになってることに気づいた。

テーマ:Firefox - ジャンル:コンピュータ - = FC2 Blog Ranking = -

Firefoxにインストールした拡張
紆余曲折があって 今の構成に。といってもけっこう軽い気持ちで拡張をインストール
するので入れ替わりが激しい。使用頻度が低い拡張は一度無効にして様子を見る。完全に使わないと判断した場合のみ削除する。拡張のリストは専用の拡張を入れなくともMR Tech Local Install の付属機能を使えば簡単に作ることができる。ブログなんかに張る場合はヘッダ部を削らねばならない事に気をつける。



最終更新:
Sat Dec 09 2006 21:41:46 GMT+0900
UA 名: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP; rv:1.8.1) Gecko/20061024 BonEcho/2.0 (tete009 SSE PGO)
ビルド ID: 2006102417

有効拡張機能: [25]


無効拡張機能: [22]


拡張機能の合計: 47

テーマ:Firefox - ジャンル:コンピュータ - = FC2 Blog Ranking = -

gdi++のその後
gdi++とは、windowsの欠点とも言える文字レンダリングをmacやLinux並みにキレイにするため開発されたもので、縁がギザギザの文字を滑らかに、読みやすく、キレイにしてくれる。
 初期の開発までは個人で行われていたが、2chに開発用スレッドが立てられ、窓の杜slashdot jpなどで紹介されるなどして、技術、スピード、知名度とも高まり、今は独自エンジンを捨て、さらに高機能なFreetype(Linuxの文字レンダリングエンジン)エンジンの移植へと解発がシフトしている。
 しかし、初期開発者の興味が薄れ、公式サイトの管理も停止している状態。ほとんどのgdi++紹介サイトは公式サイトへとリンクを張っているため傍目には9月27日から解発が停止している状態に見えるだろう。しかし、開発用スレッドでは複数の開発者によって今も活発に解発が続けられている。いまだ開発途上だが、初期のころと比べ格段に性能、品質ともに向上している。今後に期待が持てる。現段階の開発途上バージョンは以下のサイトで入手できる。まず改良版各種のgdi++(FreeType)の項目に目を通してからあぷろだより開発途上バージョンをダウンロードする。
 また、gdi++のユーティリティソフトであるgdippManagerを使用することでwindows全体にgdi++を適用することができる。(gdi++は単体では対象ソフトウェアごとにしか使用することができない。) しかしgdi++は開発途上である。もちろん今は格段に安定したが全体に適用するには注意が必要だ。ダウンロードはgdi++と同じく以下のサイトで行えるが、やはりManagerの項目には目を通してからあぷろだよりダウンロードする。

gdi++.dll @ wiki
http://www18.atwiki.jp/gdiplus2/

テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ - = FC2 Blog Ranking = -

copyright © 2005 blogurtz all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。