blogurtz
Firefox、iPod、PCなんでも。いじった記録。旧「urtzの憂鬱な日記」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPodにRockboxを入れて高機能化する part4
(情報が古いので注意)

今回はウィズウィグで更新してみる。
前回でiTunesで転送した曲をipodのプレイリストを使うことで、取り合えずだかRockboxで聴くことができた。
ここで思うのだがiPod標準であるappleOSではできるがRockboxではできないことがある。


  • 歌詞表示ができない

  • マイレート管理ができない?(調べてない)

  • iTMSで買った曲が聴けない

  • アートワークが表示できない

  • スマートプレイリストがない

  • 再生回数がわからない?(調べてない)

  • バグでFAACエンコーダでエンコードした曲を再生すると落ちる


など。

不便だが回避できるのは太字の


  • 歌詞表示ができない

  • iTMSで買った曲が聴けない

  • バグでFAACエンコーダでエンコードした曲を再生すると落ちる


あたりか。
iTMSで曲を買う場合どうしてもiTunesを使う場面が出てくる。ここで迷う。
共存か一択か。
つまりiTunesで曲を更新するかしないか。
とりあえず回避法をメモ。


歌詞についてはRockboxにテキスト観覧機能があるのでそれで対処。
LyricsMasterで歌詞取得する場合、事前設定が必要かもしれないが、同時に別の場所に保存する機能がある。それをまるごとNotesにコピーすればよい。 ほかは知らん。

iTMSで買った曲ならiTunesでCD-Rにコピーして再度リッピングすれば解決。

まれだがiTunes標準じゃないFAACエンコーダでaacをエンコードしてた場合。
別のエンコーダでエンコードしなおす。
ここでoggにしてしまうとiTunesでのこの曲の更新はできない。


ということなので、いろいろややこしいのでiTunesとappleOSを思い切ってばっさり切る。
ややこしいので次回。せっかくのウィズウィグなので、


続く。
スポンサーサイト

テーマ:iPod - ジャンル:コンピュータ - = FC2 Blog Ranking = -

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 blogurtz all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。