blogurtz
Firefox、iPod、PCなんでも。いじった記録。旧「urtzの憂鬱な日記」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつのまにか非公式?iPod Linux Installer for NanoがverUPしてた

(追記:問題にぶち当たり、解決策を模索中。どうやらiTunes7.0をインストールすると不幸になるらしい。)→とりあえず解決


ふと思ってiPod Linux Installer for NanoをのぞいたらverUpしてた。


Version up at 9/03/2006:
Supports iPod Updater later than 2006-06-28.


 以前このインストーラを試した。インストールはあっけないほど簡単だった。けど曲が表示されない、とかバグがあったのですぐ消したっけ。最新の1.2iPodファームで起こる不具合のようだった。まあ公式のも似たようなものだったが。なんだかんだでiPodLinux化は諦めてた。iPodLinuxは開発中断してたっぽいし。しかし、ついにverUpが!(10日前だが)


 早速試してみることに。Rockbox化でiPodファームは消してたが思い切って復活。iPodファームとiTunesの曲管理の簡単さになれてた性か、Rockboxを3,4日使ってみて結構常用は不便だと感じていた所だ。この際Rockboxはサブに。そしてトリプル仕様に!(遠回りしただけだった)

 自分の場合一からやり直すので、まずはappleOSことiPodファーム(iPod Updater)をインストール。最近のファームはパーティションも初期化してくれるので楽。


(追記:nanoだと現在でも1.2ではうまくいかないので1.1を使うしかない。)


やばい。つい先日公開されたiTunes7.0ではiPodUpdaterが統合されている・・・。旧Updaterは起動してくれない。さらにiTunesはiPodを認識してくれない。旧UpdaterをAppleからDLしようにもリンクが徹底的に消されている・・。しゃあないのでipodLinux.orgから拝借。意地でも7.0をアンインストールしない!。どうやらiPodService.exeがわるさをしているようなのでリネームして旧UpdaterをPCにインストール。旧Updaterを実行。やっと動いた・・。ようやくiPod初期化完了。



  • nanoipl.zipをDLして解凍。nanoipl.exeを実行。インストール完了。

  • 今回はここを参考にRockboxをインストール。

  • さらに裏風さんを参考にiPLをインストール。

  • 動作確認して再接続

  • iTunes7.0で拒否されるので「プログラムの追加と削除」からiTunesを修復。

  • iTunesを起動。曲を転送。


 とここまではいいけどこっからがうまくいかない。iPodを接続解除したら二度とiTunesがiPodを認識しなくなった。おそらくiTunes7.0からiPod Linuxをブロックする仕様に変更したのではないだろうか。調べるとiPodLinuxのパーティションが前にある。コレが原因かも。


 原因がわかった。iTunes7.0の認識バグだとわかった。正確にはiPod Serviceの欠陥のようだ。でなけりゃ自分の環境が悪いだけかも。「管理ツール」の「サービス」でiPod ServiceをiPodをつなぎ直すたび再起動させないといけないらしい。


 あとiTunesでiPodの復元をしようとするとうまくいかない。上記の認識バグがたたっているようだ。

スポンサーサイト

テーマ:iPod - ジャンル:コンピュータ - = FC2 Blog Ranking = -

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 blogurtz all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。