blogurtz
Firefox、iPod、PCなんでも。いじった記録。旧「urtzの憂鬱な日記」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPodにRockboxを入れて高機能化する part6
RockboxWiki(サイト名不明なので仮称)と覗いてると、Rockboxにはデーベース化機能があって、それを使うとアーティストやアルバム、ジャンルなどから曲を辿ることができる。最初にちゃんと目を通しておけばあんな苦労は・・。
 ということで、iTunesから曲を転送してもRockboxで差し支えないことが判明。ただし、RockboxWikiにも書いてあるが開発開始から現在で5ヶ月ほどと、あまり日が経っていないので、まだαバージョンといったところか。
(追記:iPod nano用Rockboxの9/14のbuildではこれやるとファイルシステムが壊れるもよう。)
(追記に追記:勘違いだった。データベース化の途中に再起動させるとファイルシステムが壊れる可能性がある)。
 使用方法はRockboxWikiにも書いてあるが、記事と今現在ではメニューの表示が変わっているようだ。またはiPodは特殊なのかも?General Settings → Playback → Tag cacheとなっているがGeneral Settings → File view →Tag Cacheが正しい。Wikiだから修正しとこうかな。


  • initalize now でデータベースが初期化される。実行すると右上にアイコンが表示される。

  • 1、2分でアイコンが消えるので、iPodを再起動させる。nanoなら中央ボタン+MENU

  • すると起動画面でデータベースが作成される。

  • あとはWikiの通りで「General Settings → File view → Show files」から「ID3 database」を選択。


曲のタグの文字コードによっては文字化けするのでunicodeとかにあらかじめ変換する必要がある。多分大丈夫。
スポンサーサイト

テーマ:iPod - ジャンル:コンピュータ - = FC2 Blog Ranking = -

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 blogurtz all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。